本文へスキップ


       

    

竹の種類についてthe banboo

越前竹人形は主に「真竹、孟宗竹、煤竹及び女竹、虎竹、雲紋竹、胡麻竹」を使用しています。


竹の種類

真竹(マダケ)
主に竹人形にはこの竹が使われています。真竹の見分け方は、節の線が二重で孟宗竹は一重です。
     
孟宗竹(モウソウチク)
寒中に母の為に筍を掘って食べさせたという親孝行な孟宗の名にちなんで名付けられた。

煤竹(ススタケ)
かやぶきの屋根裏で百年以上いろりの煙にいぶされ、肉質まで茶褐色となっています。

虎竹(トラチク)
虎の皮に似た濃い斑点が特徴です。一目で見分けられるほど分かりやすい竹です。

女竹(メダケ)
節間が長くやわらかいのが特徴です。杉のタネや紙などで子供の鉄砲遊びに使われていました。

染竹(ソメダケ)
竹の肉質は染まっておらず、煤竹とははっきり区別されています。

胡麻竹(ゴマチク)
竹林の中でゴマ斑が出たものと、薬品で人工的に作るものとがあります。

黒竹(クロチク)
稈(かん)は初め緑色ですが、秋には黒斑ができて紫黒色となります。

雲紋竹(ウンモンチク)
3年目くらいから稈(かん)の表面に黒褐色の雲状の斑紋が表れてきます。稈(かん)に菌がつくことで雲の模様ができる珍しい竹です。

大名竹(ダイミョウタケ)
小さい葉っぱがたくさんつくと「大名のまげ」に似ていることから大名竹と言います。主に竹人形の髪の毛に使われています。

斑竹(ハンチク)
褐色楕円形の斑点が特徴で、支那竹(シナチク)ともいわれています。

しぼ竹
真竹の変種で、節の間に縦じわが無数にあります。

亀甲竹(キッコウチク)
孟宗竹の変種で、節間が亀の甲羅に似ています。



◆年中無休(12/26〜31日除く)

◆営業時間 
 通常(3/21〜12/14)
  9:00〜16:30 

 冬期期間(12/15〜3/20)
 平日 10:00〜16:00
 土日祝 9:00〜16:30

◆北陸自動車道丸岡IC 10分
 北陸自動車道福井北IC 10分

◆越前竹人形の里(1階)
TEL 0776−66−5666
Mail info@takeningyo.com

◆谷口屋ビュッフェ旬の心(2階)
TEL 0776−67−6070
定休日 水曜日
(越前竹人形の里と営業時間が違いますので、詳細内容については谷口屋にてご確認下さい。)

◆所在地
〒910-0331
福井県坂井市丸岡町上久米田
63号1番地